■姫様道中の歴史
 江戸時代東海道の今切(いまぎれ=新居)の難所を避ける道路として、浜名湖の北を通る「本坂道」は、宮家、公家、西国大名の貴婦人が好んで通ったと言い伝えられています。現在ではこの道は「姫街道」と呼ばれています。
  第1回目は昭和27年4月4日・5日の両日に気賀町観光協会が観光事業として「桜まつり姫様道中」として開催され、平成20年4月5日・6日で第57回を迎えました。
姫様
行列の中心となる、宮家、公家、大名の貴婦人。
上臈(じょうろう)
お側付き。身分の高い女官。大奥の奥女中の最高位の者。
小姓(こしょう)
化粧持ち。姫様の近くに仕え身の回り品(主に化粧品類など)を持つ。姫様の身の回りの雑用を司る武士。
腰元(こしもと)
姫様の手伝い係。姫様のそばに仕えて雑用をする待女。
露払侍
(つゆはらいざむらい)
行列の先に立って道を開き行列を先導する警護と先導の役割を務めた者。
毛槍奴(けやりやっこ)
先端に鳥毛の飾りをつけた長い槍を持って振り歩く者。
 姫様道中の行列は、まず先頭に「露払侍(つゆはらいざむらい)」が立ちます。これは、行列の先に立って道を開き行列を先導する警護と先導の役割を務めたものです。次に、先端に鳥毛の飾りをつけた長い槍を持った「毛槍奴(けやりやっこ)」、道具を入れた箱を棒の先につけ、肩に担いだ道具持ち係の「箱持奴(はこもちやっこ)」、藩政を担う重役である「家老侍(かろうざむらい)」、非常時に備え身辺警護を務める「警護侍(けいござむらい)」、姫様の手伝い係の「腰元(こしもと)」と呼ばれる女性たちが続きます。この後に登場するのが姫様です。姫様は「大傘持奴(おおかさもちやっこ)」という身辺警備を務める者がさしかける柄が長い大きな赤い唐傘の下を歩くため、行列の中央から離れたところで見物していてもその存在位置がすぐにわかります。姫様の後には大奥の奥女中の中でも最高位の身分を持つ「上臈(じょうろう)」と呼ばれるお側付きが続き、次いで姫様の近くに仕え身の回り品(主に化粧品類など)を持つ「小姓(こしょう)」、幕府や大名に召し抱えられた「典医(てんい)」と呼ばれる医者、来客の接待をする「茶坊主(ちゃぼうず)」、姫様が乗る駕籠を担ぐ「駕籠奴(かごやっこ)」(もちろん駕籠を担いで登場します)、再び「腰元」が数名、衣服や調度品などを入れる蓋付きの大きな箱を運ぶ「長持奴(ながもちやっこ)」、供として従う「供侍(ともざむらい)」がならび、しんがりは槍を持った「槍持(やりもち)」が務めます。 箱持奴
(はこもちやっこ)
道具を入れた箱を棒の先につけ、肩に担いだ道具持ち係。
家老侍
(かろうざむらい)
藩政を担う重臣

■姫様道中の道程
 姫様道中の道程は、毎年若干の変更がありますが、第56回の場合は気賀関所を12:00頃に出発し、本陣前公園を経て12:30頃に細江神社、12:40頃に中央商店街、12:40〜12:50頃に清水通り、12:50〜13:30頃に落合通り、13:40頃に落合橋北詰を曲がり14:00〜15:00頃にお祭り広場、再び気賀関所へ15:30頃に帰着する、というものでした。
  姫様道中は単に豪華絢爛な時代絵巻が繰り広げられるだけではなく、途中で手踊りや奴踊りなども披露されます。また、姫様道中の行列の最後尾には一般の参加者が、江戸時代の商人や町娘、お百姓、虚無僧、浪人などの姿に扮して練り歩きます。

■当日のその他のイベント
 姫様道中の当日には、地場産品をはじめ三遠南信地域の特産物を扱う店が建ち並ぶ「街道物産展(気賀商店街)」、気賀宿を丸ごと美術館にしてしまったかのように多数のアーチストが写真や絵画、陶芸、版画、彫刻、クラフトなどで飾り付ける「姫街道アートギャラリー(気賀商店街及びその周辺)」、音楽やダンス、大道芸などの「街角ライブ・パフォーマンス(気賀商店街およびその周辺)」などイベントも盛りだくさんです。
 第57回姫様道中の詳細は近日このページでご紹介しますので、楽しみにお待ちください。
  ちなみに第56回姫様道中では、3月31日(土)にお祭り広場でSBSラジオ公開録音「くん樹根ライブ2007in姫様道中」が、翌4月1日(日)には特別ゲストに尾崎亜美を迎え、同じくお祭り広場にてSBSラジオ公開生放送「SUNDAY MUSIC JAM」が収録・オンエアされました。
  また、 3月31日(土)にはお祭り広場で「ローランドオルガンコンサート」が、4月1日(日)には「浜松市消防音楽隊の演奏」が行われました。
  その他にも、ボランティアによる気賀宿の裏道案内(所要時間約2時間、参加費無料、定員20名)やスタンプラリー(気賀宿内にあるチェックポイント5カ所でスタンプ台紙を受け取り、3つ以上スタンプを集めると抽選で海外旅行や東京ディズニーランドご招待など豪華景品が当たる)、姫様道中観光写真コンテスト、凧作り教室などさまざまな催しがありました。

警護侍
(けいござむらい)
非常の事態に備え、守り固める者。
大傘持奴
(おおかさもちやっこ)
身辺警備を務める。姫様に柄の長い大きな傘を後ろからさしかける者。
典医(てんい)
幕府や大名に召し抱えられた医者。
茶坊主(ちゃぼうず)
来客の給仕や接待をする者。
駕篭奴(かごやっこ)
姫様が乗る駕篭を担ぐ者。
長持奴
(ながもちやっこ)
衣服や調度品などを入れる蓋付きの大きな箱を運ぶ者。
供侍(ともざむらい)
実戦部隊。供として従う者。
槍持(やりもち)
外出時に槍を持って従う者。
 資料 細江町商工会より

 TOPページへ  前ページへ 次ページへ

姫様道中TOPへ